読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SC稲穂の四街道

映画 ゲーム 音楽 スポーツ アイドル

SING/シング

「sing 映画」の画像検索結果

あらすじ

劇場を運営するコアラのバスター・ムーンは、以前は活気のあった劇場に輝きを取り戻すべく、世界最高の歌唱コンテストをプロデュースしようと考える。感傷的に歌うハツカネズミや、内気なゾウ、25匹も子供がいるブタ、パンクロッカーのヤマアラシらが会場に集結し……。

 

感想・レビュー

元気を貰える映画だし面白かったけど...正直期待外れでした。

 

気になった点

長澤まさみさんが歌っている予告動画が良くて吹き替えで観たんですけど

日本語で歌ってるのに関わらず日本語の字幕がでるんですよね。

どうしても癖で字幕を追ってしまうし、映像に集中していても字幕が視界に入って邪魔でした。

 

日曜日に観たのもあり子供も多かったです。英語歌詞もあり、吹き替えで観ているのに子供が読めないような字幕量出すのもどうなのかなと?

 優勝賞金もドル表示のまま。子供にわかりやすいように日本円表示にすれば良かったのに。

せめて漢字にふりがな振るとかドル表示だったり子供が見るアニメなのに、気が利いてないんですよね。

 

吹き替え

長澤まさみ」「トレンディエンジェル斎藤」「スキマスイッチ大橋卓弥」がメインキャラクターとして出演してますが、キャタクターにも合っていたし、どれも良かったです。凄く上手でした。

 

主人公キャラなのに魅力が皆無

父親が、息子のためにコツコツ貯めたお金で買ってあげた劇場を、主人公(コアラ)が劇場をどうにかして守ろうと気持ちが全く伝わらなかった。

劇場がやばくなれば金持ちの息子に頼むだけ。

コアラに関しては全く成功してほしいなと感じさせられませんでした。

 

コアラ以外の「キャラクター」のドラマは良いのに勿体無い。 

 

話が盛り上がるのも最後だけ

やっと話が盛り上がってきてラストの公演、それまでが退屈すぎる...。

歌の力は凄い、登場人物のストレートなメッセージ。ラストの公演は本当に良かった。

諦めないで頑張ること、恐怖にうち勝つこと、親子愛、実力があっても夢は叶わない時に「運」が必要(キリン)をこの映画から感じた。

 

コアラは「夢」を叶えるためには他人にも迷惑かけまくるし、犯罪だってする。コネがあれば使いまくる。

こんなエゴイストの塊(コアラ)を子供が観る娯楽アニメーション映画の主人公にするユニバーサル。ある意味凄い。

 

点数 60

 

脚本は微妙でしたが音楽は最高でした。

吹き替えでも十分楽しめます。みんな歌唱力すごい!!

キングコング 髑髏島の巨神

 

あらすじ

未知生命体の存在を確認しようと、学者やカメラマン、軍人からなる調査隊が太平洋の孤島“スカル・アイランド(髑髏島)”にやって来る。そこに突如現れた島の巨大なる“守護神”キングコング。島を破壊したことで、“彼”を怒らせてしまった人間たちは究極のサバイバルを強いられる。

 

感想・レビュー

このポスターから溢れ出るB級映画感。午後ローで実況しながら観たい。

 

オタク度が高いほど楽しめる映画。

オタク監督のキングコング面白かったです。監督の見た目すげー怖いのに(笑)

地獄の黙示録だし。東宝版のキング・コングのオマージュだったり。

観ていて「あっこれ、あのアニメの影響受けてそう」とかキングコングの仁王立ちしてる姿なんて、まんま「ワンダと巨像」(笑)

日本人の登場人物も「エヴァンゲリオン」の「イカリ」って名前だったり。

「映画」「アニメ」「ゲーム」からのオマージュ満載で、何回見ても新しい発見がありそうな映画。

 

ちゃんと島に行ってからを「メイン」にしてる。

ピーター・ジャクソンキング・コングみたいに島に出発するまで糞長くしてなく

髑髏島に調査しに行くまでも早くて良かった点の一つかな。

 

怪獣を出し惜しみしてない

ギャレス版のゴジラと違って。怪獣を出し惜しみしてないのもいいですね。

でも、怪獣一体一体の時間が少ないかな。もうちょっとキング・コングvs怪獣を観たかった。

 

人間パート

登場する人間の情報も最低限でしたし。こっちは人間のヒューマンドラマは期待していないので良い所ですね。それでも人間パートはちょっと退屈。

サミュエル・L・ジャクソンが暴れすぎなんや!!(笑)

 

アクションシーン

映像も大迫力でしたし。ギャレス版ゴジラと違って暗いところだけで戦わないってのも良かった点ですね。

夜での戦闘シーンも炎と月明かりで明るくしていて観やすい。

 

まとめ

怪獣もたくさん登場するし怪獣映画好きな自分は満足ですね。

怪獣映画、好きな人は観て損はないです。

エンディング後の映像もテンション上がりました。続編楽しみ!!

 

ギャレス版ゴジラより楽しめた。でも、同じレジェンダリー・ピクチャーズ

パシフィック・リム」の方が観ていてテンションは上がりましたね。

 

点数 75

 

IMAXで観たんですけど、これ4DXやMX4Dで観た方が楽しめる映画かもしれませんね。

近所に4Dないので観れないですけど;;

コンビニ人間

f:id:inaho0208:20170326003001j:plain

 

あらすじ

36歳未婚女性、古倉恵子。大学卒業後も就職せず、コンビニのバイトは18年目。これまで彼氏なし。日々食べるのはコンビニ食、夢の中でもコンビニのレジを打ち、清潔なコンビニの風景と「いらっしゃいませ!」の掛け声が、毎日の安らかな眠りをもたらしてくれる。ある日、婚活目的の新入り男性、白羽がやってきて、そんなコンビニ的生き方は恥ずかしいと突きつけられるが…。「普通」とは何か?現代の実存を軽やかに問う衝撃作。第155回芥川賞受賞。

 

感想

普段あまり本は読まないんですけど。タイトルが気になって購入。

 

本書の帯にピースの又吉がコメントしてて。読書、好きな人からすると話題作だったりするのかなと思いながら買って後で調べてみたら。茶川賞を受賞してたんですね。

どのくらい凄い賞なのかは、知らないですけど。

 

読んでみた感想は凄く面白かったです。物語も面白かったし。凄く読みやすかったです。読書「初心者」の僕でもスラスラ読めました。

これ「ドラマ」「映画」でやっても面白そうな内容でしたね。

 

30代の女性がバイトしてるだけの話なんですけど

最後は、これホラー小説かよって感じさせるくらい。所々ゾッとしましたね。

 

個人的に、古倉(主人公)に感情移入できました。

古倉が感じる常識に従うことの「理不尽さ」を感じる気持ちが分かるんですよね。

古倉の「サイコパス」な部分は共感できませんよ。もちろん。

 

古倉が言った『バイトだけど「社会の一部」「普通の人間」になれてるような気がするって』今まで考えたことなかったですけど。凄く自分にも当てはまってる部分だなと共感できたんですよね。

 

白羽が言っている事も決して、間違いではないような気がするんですよね。

現代も縄文時代と変わらない。誰にも迷惑をかけていないのに、ただ、少数派だと言うだけで、皆が僕の人生を簡単に強姦する。

 

普通の人々が自分の事を容赦なく干渉していく様を「人生を強姦する」って言葉の表現が面白いですよね。

 

本書を読んでいいて私が一番おかしいと思ったのが。

「普通」の人々なんですよね。

普通の人達は、どこもおかしくないんです。矛盾してますが。(笑)

 

普通の人達は、古倉の存在を異物として排除しようとしてるんですよね。

まだバイトなの?まだ就職しないの?まだ結婚しないの?とか

あーした方がいいとか。こーした方がいいとか。

彼らはアドバイスしてるつもりでも。

土足で古倉の心の中をズカズカと入り込むんですよね。

普通ではないというだけで。

 

久々に本読んだんですけど。いい一冊に出会えました。

また本読み始めようかなと思います。

バイオハザード7 レジデント イービル

あらすじ

三年前に消息を絶った妻から届いた一通のメール。

導かれるまま主人公=イサーン・ウィンターズは遠くルイジアナへと自動車を走らせ、

荒れた邸にたどりつく。

妻の痕跡を求め、異様な気配が漂う邸内を偵察するが、突然何者かの襲撃を受け、意識を失ってしまう...。

目覚めたイーサンを待っていたのは、狂気で満たされた邸の主人ベイカー一家だった。

 

感想

いやー面白かった。久々にトロコンするまで、やり込んだゲームです。

 

 f:id:inaho0208:20170324221315p:plain

 

FPS(一人称視点)について

今までのバイオハザードは「固定カメラ」「三人称視点」で没入感がないわけではないですが、シリーズ初の「一人称視点」のおかげでより没入感が増すんですよね。

「扉」一つ開けるのや「廊下」の曲がり角を曲がるのも怖いんです。

これは一人称でないとできない事何ですよね。

シリーズの中でも一番怖かったです。

 

懐かしいアイテムの数々

懐かしい「仕掛け」「セーフルーム」「アイテムの数々」

ショットガンの仕掛けだったり、扉一つひとつの鍵だったり。

バイオハザードならではの「謎解き」もありバイオハザード7をより楽しめた部分ですね。

 

セーフルームを見つけると本当にホッっとするんですよ。安心感が凄いんですよね。

セーフルームでの「アイテム管理」もまた昔の記憶を蘇らせますよね。

 

一番懐かしいなと思ったアイテムは「クランク」ですね。

クランクを手に入れた時は興奮しました、ただのアイテムなのに(笑)

バイオハザードシリーズをやった事ある人には多分、共感してもらえるんじゃないかな?

 

キャッチコピーの

「全ては“恐怖”のために。新生したバイオハザード。」

 

新生した「バイオハザード」要は「一人称視点」「今までにない演出」のバイオハザードの事ですよね。

この点はゲームとしても成功してるしバイオハザードとしても成功してると思います。

次回作の「バイオハザード8」もこの路線で行ってほしいです。

 

ですが、恐怖の部分が弱かったんですよ。

もっとプレイヤーを恐怖のどん底に落としてほしかった。

 

廃屋の演出だったり探索は本当に怖かったです。

でも、恐怖のピークって廃屋までなんですよ。

 

恐怖と笑いは紙一重」ってよく言いますよね。

 

ガレージでの「ジャック・ベイカー」のぶっ飛んだ、行動が「恐怖より笑い」が勝ってしまったんですよね。

そのボス戦の演出のせいで。恐怖度が全体的に低下しちゃったんですよ。

その後のベイカー一家の行動も恐怖より笑いが勝っているんですよね。

 

脅し方もワンパターン

画面いっぱいに敵キャラクターが突然出て来たり。大きな音をいきなり鳴らしたり。

このビックリするのって「恐怖」でビックリしてるんじゃないんですよね。

ただプレイヤーを脅かしてるだけなんですよ。

 

もちろん、それがダメとは言いませんが

バイオハザード7にはジワジワくる恐怖がないんです。

「廃屋」にはその怖さがあったんですけど。それ以降は、その恐怖がないんですよね。

 

映画を観ていて急に人が出て来たり、大きな音を出してビックリさせる演出がよくありますよね?

アクション映画に多いと思うんですけど、バイオハザード7のビックリって

これなんですよね。

 

発売される事はない幻のゲーム P.T.

 

 

バイオハザード7もP.T.の影響を受けたゲームの一つだと思います。

 

体験版なんて最低でも一時間程度でクリアできてしまいます。

P.T.は本当に怖かった。このゲームは何時間も掛けてクリアしたゲームです。(クリアするのが難解なのもありますが)

 

P.T.の凄いところって、とことん「恐怖」を追求してるところなんですよ。

他にも「設定」「雰囲気」「演出」の造り込みのレベルが違うんですよね。

屋敷の廊下を何度も同じ所を「ループ」してるだけなのに進むのが怖いんです。

 

P.T.にも急に脅かす演出もあります。

でもバイオハザード7とP.T.の違いって。

P.T.だと脅かす前にこれから脅かすよってフラグがあるんですよね。

それでいてもビックリするから凄いんですよ。

要は、脅かす前の一つひとつの「間」が上手いんですよね。

その絶妙な間や、一つひとつの演出が上手だから、進めば進むほど「恐怖度」が増して行くんですよね。

 

個人的に思ったことはやっぱり

才能ある人が作るだけで、ここまでの差が出るんだなと思いました。

君の名は。

あらすじ

1,000年に1度のすい星来訪が、1か月後に迫る日本。山々に囲まれた田舎町に住む女子高生の三葉は、町長である父の選挙運動や、家系の神社の風習などに鬱屈(うっくつ)していた。それゆえに都会への憧れを強く持っていたが、ある日彼女は自分が都会に暮らしている少年になった夢を見る。夢では東京での生活を楽しみながらも、その不思議な感覚に困惑する三葉。一方、東京在住の男子高校生・瀧も自分が田舎町に生活する少女になった夢を見る。やがて、その奇妙な夢を通じて彼らは引き合うようになっていくが……。

 

感想・レビュー 

君の名は。の感想書くのも今更感ありますが(笑)

新海誠監督の作品は「言の葉の庭」しか観たことしかありません。

 

映画の冒頭もアニメのオープニングぽくて、映画だとあまり見ない始まり方だったので良かったです。

 

物語、テンポもよく、この映画が「評価」されてる理由は分かりました。

 

 良かった点

心変わりするってコンセプトも、よく有りがちだけど良かったですね。

心変わりしても、その生活の思い出も忘れてしまうってとこも、儚くて良かったです。

人間生きていたら大事な事も忘れてしまうって事も多いですよね。

この作品から一番感じた「メッセージ」ですね。 

 

お互いが付き合ったこともなければ会ったこともない

でも、次第に惹かれ会っていく辺りもいいですね。

現実世界でも「あれっこの人どっかで会ったことあるような」ってのを一度や二度、経験したことがあると思います。それが恋愛に発展したことはないですけどね(笑)

 

言の葉の庭、同様、君の名は。の映像も綺麗だったし都会の映像も上手く都会のゴチャゴチャ具合を上手く描いていたと思います。

 

特に、好きなキャラクターは「四葉」かな。決してロリコンではないです!!

個人的に一番、存在感を放っていたキャラクターだったと思います。

寝起きに「おっぱいを揉む三葉」にツッコンだり

要所要所でクスッとできるシーンがあって一番印象に残っているキャラクターです。

 

悪かった点

個人的には「中盤〜終盤」での「RADWIMPS」の曲が邪魔でした。

物語の世界に入っているのに現実世界に戻されるんですよね。

 

観客の気持ちを持ち上げるために挿入してるのは分かりますが、観てて邪魔なんですよね「セリフ」にも被ってるし。

決して「RADWIMPS」が嫌いな訳ではないです。良い曲だと思います。

 

キャラの心情を明かすナレーションも多くて、ナレーションに頼りすぎなんですよ。

言の葉の庭」は、観ていて自然とキャラクターの今感じている感情がヒシヒシと伝わってきました。君の名は。にはそれがないんですよ。

例えば、ジブリ千と千尋の神隠し」の電車でのシーンではナレーションもなければキャラクターが喋ることもないんですよ。

千尋が何を考えてのかってのも考えられるし想像もできるんです。

映像だからこそ、できる「表現の仕方」なんですよね。そこが、映画の面白さの一つだと思うんです。

物語だけだったら小説を読めば良いわけで。

 

点数 68

 

最後も良かったですね。「君の名は?」ってやっぱり言うと思ったって

笑ってしまった。(笑)

個人的には、世間が騒ぐほどではないかなって思いました。

 

多くの人に支持される作品を作ろうと思っても中々作れないですからね。

新海誠監督もここまでウケると思っていなかったでしょうし。

素直に凄いと思います。

書かずに文章がうまくなるトレーニング

まずタイトルって大事ですよね。

パッと手にとってしまう気になるタイトル。本屋で気になって購入。

本書を読んで、ブログを初めてみようかなと感じさせた本です。

文章を書くの苦手な人って結構いると思うんですよね。

いざ、文章を書こうと思った時に「何書いたらいいんだろ」って手が止まってしまう事ってあると思うんですよ。

 

例えば、映画の感想を書く時に「面白かった」しか思いつかない。もっと映画の内容を掘り下げた事を書きたいのに思いつかないって事ないですか?

映画の感想を書く時に「面白かった」そんな感想だけじゃ、その映画に興味を持ってくれる人なんてほとんどいませんよね?

それ以外にも、文章を書く機会は沢山あります。最近はパソコンで何でも出来る時代ですが「文章は自分で考える必要」があります。書く時に一々悩んでいたら時間が勿体ないですよね? 

 

そんな悩みがあった私、文章に対する苦手意識を完全になくなったと言っても良いくらいです。

読むだけで「うまくなるわけない」と思う方もいるかもしれませんが。

 

本書を読んで自分の文章力は、かなり上達したと思います。

 

タイトルの通り読むだけでうまくなるトレーニングの仕方が読めます。

トレーニングと言っても簡単です。寝る前やお風呂に入ってる時に頭で考えるだけの

簡単なトレーニングです。

「文章の書き方」だけではなく「視点の増やし方」「物事の見方」もこの本で勉強できます。

 

この本をオススメしたい人は、私みたいに文章に対する苦手意識がある人です。

文章が上手い人にはオススメしません。

なぜなら、この本には文章の書き方の初歩的なことしか書いていないからです。

文章が上手い人には、元から「できている事」だからです。

 

ステマっぽくなりますが(笑)文章に苦手意識がある人に本当にオススメです。

本書1400円で「自分を変えれる」と思えば安いもんだと思いませんか?

2001年宇宙の旅

あらすじ 

遠い昔、ヒトザルが他の獣と変わらない生活を送っていた頃、黒い石板のような謎の物体「モノリス」がヒトザルたちの前に出現する。やがて1匹のヒトザルが謎の物体の影響を受け、動物の骨を道具・武器として使うことを覚えた。獣を倒し多くの食物を手に入れられるようになったヒトザルは、反目する別のヒトザルの群れに対しても武器を使用して殺害し、水場争いに勝利する。歓びのあまり、骨を空に放り上げると、これが最新の軍事衛星に変る(人類史を俯瞰するモンタージュとされる)[2]

に人類が住むようになった時代。アメリカ合衆国宇宙評議会のヘイウッド・フロイド博士は、月のティコクレーターで発掘された謎の物体「TMA」(Tycho Magnetic Anomaly, ティコ磁気異常、通称「モノリス」(一枚岩))を極秘に調査するため、月面クラビウス基地に向かう。調査中、400万年ぶりに太陽光を浴びたモノリスは強力な信号を木星(小説版では土星)に向けて発した。

 

感想・レビュー

半年前に観た、映画なのでうる覚えです。

2001年宇宙の旅、はよく「傑作」「名作」と言われている作品だ。

私の好きな「ゲームクリエイター小島秀夫さん」も絶賛していた作品でもあり「どんな作品なんだろう」とワクワクしながら観ました。

だが、観終わった後、一番最初に思ったことが「この映画どこが面白いんだ?」

異様に長いし。物語も全く理解できない。私の頭が悪いのもあるかもしれないが...。

 

物語、登場した「人物」「物」の説明が劇中一切ないのだ。

この映画は「説明しなさすぎ」なんですよね。全部説明しろとまでは言わないが最低限の説明はしてほしかったかな。

 

モノリスは結局何だったのか?ラストの光の渦と、その後どこかの一室。最後の赤ちゃん。

猿が道具を使う事を覚えて、進化するのは分かります。だがモノリスは猿を進化させて何がしたかったのか?

進化した猿が登場してる人間達なのか?進化させて新人類を作ろうとしたのか?

2回3回と観賞すればその謎が解ける雰囲気でもない...。

 

良かった点

HAL9000は物凄く不気味でしたね。

表情がないのに感情がある感じが凄く出てたし。

見ちゃいけない物を見ているんじゃないかと、段々おかしくなって行く様子もSFホラーっぽくて怖かったです。

 

映像に関しては目を見張るものがありました。

公開が「1968年」私が生まれる20年以上も前、今現在のCGにも一切負けてないし

「宇宙空間」「無重力」の映像はどういう撮影をしたのか気になります。

監督の演出センスはヒシヒシと伝わってくる作品だと思います。

 

点数 35

 

うーん

スタンリー・キューブリックの映画は自分には合わないのかな...。

2001年宇宙の旅フルメタル・ジャケットしかまだ観てないですが(笑)

「時計仕掛けのオレンジ」「博士の異常な愛情」「シャイニング」名作と言われる作品は、まだあるので時間がある時に観たいと思います。

決して「名作と言われる映画を批判したい」とかしょーもない理由ではないです。