四街道

映画 ゲーム 音楽 スポーツ アイドル

君の名は。

あらすじ

1,000年に1度のすい星来訪が、1か月後に迫る日本。山々に囲まれた田舎町に住む女子高生の三葉は、町長である父の選挙運動や、家系の神社の風習などに鬱屈(うっくつ)していた。それゆえに都会への憧れを強く持っていたが、ある日彼女は自分が都会に暮らしている少年になった夢を見る。夢では東京での生活を楽しみながらも、その不思議な感覚に困惑する三葉。一方、東京在住の男子高校生・瀧も自分が田舎町に生活する少女になった夢を見る。やがて、その奇妙な夢を通じて彼らは引き合うようになっていくが……。

 

感想・レビュー 

君の名は。の感想書くのも今更感ありますが(笑)

新海誠監督の作品は「言の葉の庭」しか観たことしかありません。

 

映画の冒頭もアニメのオープニングぽくて、映画だとあまり見ない始まり方だったので良かったです。

 

物語、テンポもよく、この映画が「評価」されてる理由は分かりました。

 

 良かった点

心変わりするってコンセプトも、よく有りがちだけど良かったですね。

心変わりしても、その生活の思い出も忘れてしまうってとこも、儚くて良かったです。

人間生きていたら大事な事も忘れてしまうって事も多いですよね。

この作品から一番感じた「メッセージ」ですね。 

 

お互いが付き合ったこともなければ会ったこともない

でも、次第に惹かれ会っていく辺りもいいですね。

現実世界でも「あれっこの人どっかで会ったことあるような」ってのを一度や二度、経験したことがあると思います。それが恋愛に発展したことはないですけどね(笑)

 

言の葉の庭、同様、君の名は。の映像も綺麗だったし都会の映像も上手く都会のゴチャゴチャ具合を上手く描いていたと思います。

 

特に、好きなキャラクターは「四葉」かな。決してロリコンではないです!!

個人的に一番、存在感を放っていたキャラクターだったと思います。

寝起きに「おっぱいを揉む三葉」にツッコンだり

要所要所でクスッとできるシーンがあって一番印象に残っているキャラクターです。

 

悪かった点

個人的には「中盤〜終盤」での「RADWIMPS」の曲が邪魔でした。

物語の世界に入っているのに現実世界に戻されるんですよね。

 

観客の気持ちを持ち上げるために挿入してるのは分かりますが、観てて邪魔なんですよね「セリフ」にも被ってるし。

決して「RADWIMPS」が嫌いな訳ではないです。良い曲だと思います。

 

キャラの心情を明かすナレーションも多くて、ナレーションに頼りすぎなんですよ。

言の葉の庭」は、観ていて自然とキャラクターの今感じている感情がヒシヒシと伝わってきました。君の名は。にはそれがないんですよ。

例えば、ジブリ千と千尋の神隠し」の電車でのシーンではナレーションもなければキャラクターが喋ることもないんですよ。

千尋が何を考えてのかってのも考えられるし想像もできるんです。

映像だからこそ、できる「表現の仕方」なんですよね。そこが、映画の面白さの一つだと思うんです。

物語だけだったら小説を読めば良いわけで。

 

点数 68

 

最後も良かったですね。「君の名は?」ってやっぱり言うと思ったって

笑ってしまった。(笑)

 

多くの人に支持される作品を作ろうと思っても中々作れないですからね。

新海誠監督もここまでウケると思っていなかったでしょうし。

素直に凄いと思います。