SC稲穂の四街道

映画 ゲーム 音楽 スポーツ アイドル

コンビニ人間

f:id:inaho0208:20170326003001j:plain

 

あらすじ

36歳未婚女性、古倉恵子。大学卒業後も就職せず、コンビニのバイトは18年目。これまで彼氏なし。日々食べるのはコンビニ食、夢の中でもコンビニのレジを打ち、清潔なコンビニの風景と「いらっしゃいませ!」の掛け声が、毎日の安らかな眠りをもたらしてくれる。ある日、婚活目的の新入り男性、白羽がやってきて、そんなコンビニ的生き方は恥ずかしいと突きつけられるが…。「普通」とは何か?現代の実存を軽やかに問う衝撃作。第155回芥川賞受賞。

 

感想

普段あまり本は読まないんですけど。タイトルが気になって購入。

 

本書の帯にピースの又吉がコメントしてて。読書、好きな人からすると話題作だったりするのかなと思いながら買って後で調べてみたら。茶川賞を受賞してたんですね。

どのくらい凄い賞なのかは、知らないですけど。

 

読んでみた感想は凄く面白かったです。物語も面白かったし。凄く読みやすかったです。読書「初心者」の僕でもスラスラ読めました。

これ「ドラマ」「映画」でやっても面白そうな内容でしたね。

 

30代の女性がバイトしてるだけの話なんですけど

最後は、これホラー小説かよって感じさせるくらい。所々ゾッとしましたね。

 

個人的に、古倉(主人公)に感情移入できました。

古倉が感じる常識に従うことの「理不尽さ」を感じる気持ちが分かるんですよね。

古倉の「サイコパス」な部分は共感できませんよ。もちろん。

 

古倉が言った『バイトだけど「社会の一部」「普通の人間」になれてるような気がするって』今まで考えたことなかったですけど。凄く自分にも当てはまってる部分だなと共感できたんですよね。

 

白羽が言っている事も決して、間違いではないような気がするんですよね。

現代も縄文時代と変わらない。誰にも迷惑をかけていないのに、ただ、少数派だと言うだけで、皆が僕の人生を簡単に強姦する。

 

普通の人々が自分の事を容赦なく干渉していく様を「人生を強姦する」って言葉の表現が面白いですよね。

 

本書を読んでいいて私が一番おかしいと思ったのが。

「普通」の人々なんですよね。

普通の人達は、どこもおかしくないんです。矛盾してますが。(笑)

 

普通の人達は、古倉の存在を異物として排除しようとしてるんですよね。

まだバイトなの?まだ就職しないの?まだ結婚しないの?とか

あーした方がいいとか。こーした方がいいとか。

彼らはアドバイスしてるつもりでも。

土足で古倉の心の中をズカズカと入り込むんですよね。

普通ではないというだけで。

 

久々に本読んだんですけど。いい一冊に出会えました。

また本読み始めようかなと思います。