四街道

映画 ゲーム 音楽 スポーツ アイドル

T2 トレインスポッティング

f:id:inaho0208:20170409191911j:plain

あらすじ

スコットランドエディンバラ。大金を持ち逃げし 20 年ぶりにオランダからこの地に 舞い戻ってきたマーク・レントン(ユアン・マクレガー)。表向きはパブを経営しながら、 売春、ゆすりを稼業とするシック・ボーイ(ジョニー・リー・ミラー)。家族に愛想を尽か され、孤独に絶望しているスパッド(ユエン・ブレムナー)。刑務所に服役中のベグビー (ロバート・カーライル)。想像通り?モノ分かりの良い大人になれずに荒んだ人生を疾 走する彼らの再会、そして彼らが選ぶ未来とはー。

 

 

未来を選べ、人生を選べ

  

感想・レビュー

1作品目を最初に見たのは10年前かな?中学生の頃です。

最初観たときは音楽かっこいい、ドラック本当にキメてるみたい、疾走感もあって

オシャレな映画だなーって印象

 

前作よりはストーリー重視でしたね。それでも中身はない。メッセージ性の強い作品。

その中身のないストーリーを飽きさせない魅力的な「キャラクター」「音楽」

一作目の雰囲気、演出と「トレインスポッティング」ファンならニヤニヤの連続。「1が前作」「2が後編」って感じで続編として良くできてる。

20年前に演じた役を同じテンションでやれる俳優はやっぱ凄いね。

 

おっさんになった愛すべきクズ達の活躍。

この映画の中であの4人が生きてきたんだなと感じられる。

顔のシワだったり頭の毛が後退してたり(笑)

今の技術なら特殊メイクやCGで可能なのかもしれないが

実際に20年という月日が経っているお陰で言葉の重みだったりリアリティー差が増す。

ロクな生き方も教わらず。自分以外の周りの時間、時代は進んでいく。

時間、月日の重み。若かりし頃の思い出。あの頃に戻りたいと思っても戻れない。

 

20年という月日が経っても人間って変わんねーんだなと。

年取ってもクズは所詮クズ、ドラッグに暴力と彼らは20年前のまま時が止まってる。愛すべきクズ達。

1作品目を観てから10年、自分の過去を振り返って見ても自分自身も昔と変わってないなと。

何年経とうと変わらない人間関係。楽しい記憶は遠い昔に感じるのに、悲しい出来事は昨日の出来事のように覚えている。

 

彼らなりの落とし前の付け方、未来への継承

彼らなりに前に進み出す。俺も前に進まないとなと。

 

点数 73

 

2の方がより人間味も感じられて2の方が好きかも。