四街道

映画 ゲーム 音楽 スポーツ アイドル

最近観た面白かった映画

グッド・タイム

 

一人の犯罪者の一日を描いた作品で次に何が起こるかわからない展開

スピード感ある映像、カラフルな画面、印象に残る音楽

犯罪者役であるロバート・パティンソンの噛み合はない会話、気が気じゃない状態が

物凄く伝わってくる素晴らしい演技。

 

お嬢さん

 

女優陣の体を張った演技、コメディ?と思わせるほどの下衆なシーンも美しく面白く

観ていてまったく飽きない。

丁寧に散りばめられた伏線、展開していくストーリー、色彩豊かな映像、脚本、演技

サスペンス、バイオレンス、エロティック、映画の面白い所を上手く融合させた作品。

日本統治時代の朝鮮半島が舞台で全編を通して韓国人俳優が日本語を話す

最初は聞き取りづらい片言の日本語も最終的には

この映画独特の世界観を作り出しているひとつに感じる。

監督のパク・チュヌク 天才と書いて変態と読むのレベルで凄まじい変態映画だった。

リアルで人にお勧め出来ない映画No1。

 

最後の追跡

 

隠れた名作?Netflix独占作品

乾いた町に大地、カントリーソング最高に渋くてカッコいい

彼らがなぜ銀行強盗をするのか

登場人物の背景や人物像を描くことで、追う方の追われる方にも

どっちにも心を持っていかれる。

 

ハノーバー高校落書事件簿

 

映画じゃなくドラマだけど面白かったので

Netflixオリジナル作品のモキュメンタリー

高校の駐車場に停めてあった27台の車に卑猥な落書

犯行の第一容疑者である男子高校生の無実を訴える彼の主張を受け、2人の生徒が調査に乗り出す。

内容は馬鹿馬鹿しいのに製作人は大真面目

視聴の際も日本語吹き替えで視聴するのをオススメ

話手の言葉の上に日本語吹き替えが重ねられドキュメンタリーぽい収録方法をしているので面白いです。