四街道

映画 ゲーム 音楽 スポーツ アイドル

パシフィック・リム アップライジング

https://d2ueuvlup6lbue.cloudfront.net/attachments/403048fd0567ac155faf735c81071e91b23072a0/store/fitpad/260/364/1ddcf3693d5c84a00c6aa73c6758516140574e3bfa2ee4e2bdd498d0014a/58834.jpg

 

感想

パシフィック・リム アップライジング

の良い所は明るくて観やすい、それだけ

怪獣映画を観に来たのに怪獣が出てこない、怪獣対イェーガーを観にきたのに

イェーガー対イェーガーを見せられ、退屈なヒューマンドラマが続く

そのストーリーも面白くないし感情移入できるキャラもいない

前作の前半部分も退屈だが、導入部分や冒頭のナイフヘッド対イェーガー戦で大当たりの映画だと確信させ、退屈な部分を忘れる燃える展開が沢山あった。

今作はなんか違うなーと思いつつ観ていたら最終決戦の日本に

怪獣との戦闘も前作を超えられず、街を巻き込み壊しまくるのは健在だが

泥臭い戦闘は見られず、ガチャガチャ戦ってるだけで印象に残らないし燃えない 

最終決戦の日本も盛り上がれず、CGは滅茶苦茶お金が掛かってるのが伝わってくがIMAXで観たのに全く迫力がない。

物語、アクション、デザイン、何もかもが薄い。

特撮やロボットオタク向けだった前作と今作は一般受けするエンタメ作品。

 

怪獣のこだわりのなさ

見分けがつかないほど同じようなデザインだし印象にも残らない

今回の怪獣三体名前と形覚えてます?合体したでっかいのを少し覚えてるレベルで

デザインも好みじゃない。

 

イェーガーの個性や魅力のなさ

今回のイェーガーはエヴァトランスフォーマーのロボットみたいに動きが全機軽い

重量感がない。

前作のようにゆっくり動くイェーガーの中に一機素早く動けるのがカッコいいのに

全機素早く動けちゃうと個々の個性がない。

今作のイェーガーが個性があるのかと言われれば手に持ってる武器が違うだけ

ロシア製のイェーガーなら重装甲でパワーで相手を叩きのめす

中国勢のイェーガーなら三本腕に中国雑技団のように動く

前作のロボットデザインは国柄が良く出ていてデザインも良かった。

 

金かけたCGで大きなロボットを暴れさせただけじゃ面白くない

なぜ前作が受けたのか

ロボットに乗り込むシーンや発進、必殺技、ロボットを操作してる感、女性ナビゲーションの声、ロボットや怪獣の巨大感の映し方

ロボット物としてのカタルシスがない