四街道

映画 ゲーム 音楽 スポーツ アイドル

Oculus Go 使ってみた感想

私が使用しているアプリはDMMとNetflixです。

Amazon primeビデオはOculus Goにアプリが出ていないのでアプリでは観れないのですがOculus Go内にあるブラウザからAmazonにログインすれば視聴できます。

一応ブラウザから視聴出来るがシークバーがでないので、その点は不便です。

huluもアプリもなく会員登録もしていないのでブラウザから観れるか分かりません。

 

DMMではVRアダルトしか観てないですが、正直な感想は思っていたほど凄くない。

女優が耳元で囁けば本当に耳元で囁いている様な疑似体験は出来るが

VRアダルトの感想等を見ていると目の前に居るみたいとか臨場感が凄いとか

よく目にし期待していたのだが、そこまでの感動はない。

一番ガッカリしたのはVRアダルトの「画質」です。

これはOculus Go側の性能ではなくVRアダルトを製作している側の問題だが

普段見ているようなHD動画が10段階中10だとしたらVRアダルト動画は4点レベル。

ただ、VRアダルトのポテンシャルは物凄い物だと感じた。例えば目の前に女優が立っているとしたら、下を見れば下半身が見れるし上を見上げれば上半身や顔が見れる、イマイチこの凄さを文章で表現するのが難しいが、これは普通の動画じゃ体験できない事だ。

後、VRアダルト動画以外もVRで見せて;;ブラウザからも通常のDMM動画は視聴できませんでした。

画質を気にせず特に主観物が好きな人にはお勧めでVRアダルトにしか興味がないならまだVRアダルトの進化を待った方がいいかもしれませんね。

動画自体の画質がもっと上がれば物凄い可能性の秘めた分野だと思います。

VRアダルトとはどういうものかとエロに投資を惜しまないなら試しに買ってみるのもありだと思います。

 

Netflix等の動画鑑賞は物凄いですね。Netflixのスクリーン自体は映画館ほどではないですが視界一杯に大画面で映画が観れます。

普段家で映画を観ているより没入感は凄いです。私は家で映画を観ていると映画以外の他の事が気になったり携帯弄ったりイマイチ家で観ていると映画に集中できない事が多いのですが、VRでの視聴は画面内に映画の映像しか表示されていないので他の事が気になったりする事がなく映画に集中して観ることが出来ます。この点は本当に映画館で観ている様な同じ感覚になります。

Amazon primeで試しに観たBack to the Futureこの作品を一度映画館の大画面で観たいと思っていたのですが、その夢が叶ったと言っていいほどです。

Netflixの画質自体は家で観ているBlu-rayよりは映像は劣りますが、その欠点を補える没入感と大画面での視聴、自分の好きな体勢で観れる。椅子に座りながらも観れるし勿論寝ながらでも視聴できます。画質はDVDで視聴してる感じですね。

VRでの動画視聴は期待以上でした。今後、VRって分野が進化していくとテレビが要らなくなるんじゃないか?

 

他にもOculus GoのブラウザでYouTubeやTwitch、ニコ動など、いつも見ているサイト等も大画面で見れます。

不満な点は文字入力、キーボードが日本語対応してなく文字入力が面倒。

Oculus Goの電池の持ちは大体2時間半くらい、充電しながらも使用できるので電池の減りを気にせず使えます。充電するコード自体は長くないのでモバイルバッテリーで充電しながら使用すると楽です。

 

他のVRと違ってOculus GoひとつあればVR体験をでき二万円台で買えるVRなのでVRに興味があるなら買ってみるのもありな商品だと思います。(セットアップにスマホ必要)